上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19483.png

E-Sports Grand Prix 2010 プレシーズンの終了報告です
2月5日から始まったESGPサドンアタックプレシーズンが、24日にシーズンを終えた。
SuperLeagueなどの大会で活躍したチームたちを招待し行われたプレシーズンでは驚きの連続であった。

▲ESGPサドンアタックプレシーズンはどのように行われたか?
ESGPサドンアタックプレシーズンはトーナメント方式ではなく、野球やサッカーなどで見られるフルリーグ方式を採用して行われた。
8チームがそれぞれと試合を行い、結果を合算して順位を決定する方法である。
本格的なシーズンに入ってからは、ホームチームがマップと陣営を選択できるホーム&アウェー方式をリーグに導入するとのことだ。

▲フルリーグチーム、トーナメントチーム、交錯して・・・
公式大会では5冠の記録を持つ帝王、e.sports-united が2勝という結果に終わり、リーグ5位に留まってしまった。
トーナメント形式で行われるマスターリーグやSuperLeagueでは強い姿を見せた e.sports-united だが、フルリーグ形式に弱いという姿を見せてしまい、ファンたちからは物足りないという声が上がった。
反面、帝王とは無関係などと呼ばれてきた Ksp-Gaming だが、シーズン後半まで1位の席を譲らず、最終日に alive.L にその席を明け渡してしまった。
このように、ESGPではトーナメント方式の大会では見られない試合、結果を見ることで、真のサドンアタック最強チームを決定することができるようになる。

▲フルリーグだからこそ出すことができる、選手たちの様々な記録
ESGPはフルリーグであるために、同じ日程でリーグに参加する選手のデータはほとんど同じである。
トーナメント方式の場合、リーグ上位と下位では差があり、さまざまなデータを記録することができなかった。
しかしESGPは、選手たちの1ラウンドごとにおける平均キル数や、1Deathあたりにおける平均キル数、そしてKill/Deathまで、さまざまな数値を記録することができた。
この記録は、試合を見守るファンたちにまた別の面白味を提供することができた。

▲今後のリーグフォーマットについて
ESGPは一つのリーグ内で行うのではなく、1部リーグ、2部リーグといったようにプレシーズンとは違ったリーグフォーマットを今後用意する予定だ。
それに伴い昇格、降格システムを導入し、試合の質を上げ、ファンたちにより良い試合観戦を提供できるという考えだ。
それだけではなく、レザーシステムを導入し、誰でも自由に参加可能なオープンリーグンシステムを用意するということで、今後の発展がより一層期待されている。


このようにさまざまな可能性を示したESGPは、3月の末より新たなシーズンを始めるとのことだ。


情報元
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL
本文
パスワード
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
ひとこと

チャンピオンズリーグ開催!

何かありましたらこちらから

カテゴリ
スポンサードリンク

SteelSeries

大会試合一覧
最新コメント

RSS

 | HOME | 
Copyright © 2009-2010 韓国サドンアタック情報ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。