上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
201012021533072343.jpg

12月2日に行われた、ゲームハイによるアップデートコンテンツ発表会の詳細です

アップデート発表会


最高同時接続者数24万人を突破し、なんと2年余りの間FPSというジャンルの頂点に君臨し続けてきた、韓国のみならず日本などでも有名なオンラインFPSゲーム、サドンアタックが、2011年3月まで連続して行われるアップデートの発表会を行った。
12月2日に行われたその発表会では、大頭モードやヴァンパイアモードなど、今までのプレイヤーに期待されていた新しいコンテンツの紹介に加え、サドンアタックそのもののシステム強化や、利用者確保戦略などのビジョンの説明も行われた。

まず、12月7日に実装されたヴァンパイアモードは、既存のFPSのゾンビモードと同じコンセプトのゲームで、ヴァンパイアというおなじみの素材を活かして、大蒜や聖書などのユニークな武器、称号システムには伯爵などの称号も登場する予定とのことだ。
次に、2011年2月に登場する予定のAIディフェンスモードは、サドンアタック初のAIベースとなるPvPモードで、敵を倒すという楽しみの他に参加者同士で戦術的な楽しさを感じることが出来るように、というコンセプトの元に作られたモードだ。
そして最後に実装されるタコマッチは、タイミングとコアという単語の合成語であるタコという意味から、短調なルートのみの試合や、タイミングゲームという概念から脱却して、3VS3の少数精鋭の中で戦略的な動きを使って遊べるようにと製作される予定のモードだ。

201012021536042903.jpg

加えてゲームハイは上記の様々なコンテンツの他にも、これまでの利用者のニーズや改善点も反映し、ゲーム性と利便性の二点を大きく上昇させる予定で、特にチートに対してはこれまでより一層、対策を強化していくと明らかにした。
また、ゲームハイの開発統括であるギム・デフォン本部長は、"ユーザーからの要求は日に日に洗練され、多様化しており、サドンアタックもこれに歩調をあわせて新たな変化に取り組んでいく予定だ" とコメントした。

記者とゲームハイとのQ&A


記者 : アップデートコンテンツの方向性に大きな変化があるとのことですが、もう少し詳しい説明をお願いします。

ゲームハイ : サドンアタックが世に出てから長い時間経過している中で、全体的なクオリティ、死亡時のアニメーションなどを改善する予定です。
ユーザーインターフェイスもより直感的なものに変更する予定で、従来はあまりにも特定の武器だけが使用されるなど問題がありましたが、その点に関してもより様々な武器が使用されるよう、改善する予定です。

もちろん、武器が改善されたからといって今までの武器が弱く感じる、などといったりすることはないでしょう。
改善の中には、ただ攻撃力を上げるといったことではなく、レティクルの広がりを抑えたり反動を弱くしたりするというようなことも含まれています。


記者 : プレイヤーの実力に応じて分けるという言葉がありましたが、チャンネル入場を実力に応じて、制限をかけるという意味なのでしょうか?

ゲームハイ : 現在、初心者専用チャンネルがありますが、それは階級だけで区分されたものであり、適切に実力に応じて区分されているわけではありません。
上手なプレイヤーが新しくアカウントを作成してしまうと、階級は何の意味も持たなくなります。

予定しているものでは、最近実装された実績システムや、一定期間の累計といったデータを活用して、ユーザーを分けようと考えています。
簡単に言えば、実力に応じてクラスが細分化され、同じような実力を持ったプレイヤーに会うことが出来るようになる、といったようなシステムです。


記者 : 中国におけるサドンアタックのサービスの進行状況が気になります。
CJ Internetとの再契約問題もありますよね?

ゲームハイ : ひとまず中国では、来年に第一次クローズドテストを行う予定です。
計画自体は今年の9月より既に始まっていて、来年上半期には皆さんにお見せすることができように、と考えています。
現在、中国では他のFPSに席を取られている状態で、サドンアタックは挑戦者という立場ですが、懸命に努力します。

CJ Internet の再契約については、うまくいくと考えています。
今このように(CJ Internetの方と)発表会を一緒にしているでしょう?(笑)
継続的に会って互いの意見を交換したりもしていますので、肯定的に考えています。

201012021537098516.jpg

記者 : 競合している他社のFPSゲームは、海外に進出しているものも多くありますが、サドンアタックには中国以外の国の進出計画はないのでしょうか?

ゲームハイ : 来年の初めにまず中国があり、グローバルサービスはゲームハイが直接運営しているということで、国際展開には力を入れている方だと思います。
この席で言及すると少しぎこちなくなりますが、ネクソンアメリカのプラットホームを活用して、北米サービスをきちんとやっていこうという計画もあります。

他の地域を挙げるなら、ひとまずブラジルは来年の第4四半期、日本とシンガポールは現在うまくいっており、このまま成長させていくつもりです。
ただ、台湾に関しては近々サービスが終了する予定で、新たに他のパートナーを探してより積極的に展開していく予定です。


記者 : サドンアタックは、プレイヤーの数に比べてフラグムービーが少ないと思いますが、今現在、リプレイモードなどの計画はあるのでしょうか?
また、その他にも進行している計画があればお願いします。

ゲームハイ : リプレイモードは現在計画しています、が、ここで発表出来るような内容ではまだありません。

他には、現在のサドンアタックには複数の種類の大会が存在しており、その一つとしてMMORPGの攻城戦のようなPvP大会のようなものもすることが出来れば、と考えています。


記者 : 今年(2010年)初めのイベントプロモーションは、プレイヤーからの反応は良かったですよね。
今回の冬もアップデートに合わせてなにか計画していることはありますか?
また、計画している場合、どのような規模になるのか気になります。

ゲームハイ : 当然、冬休みを迎えての現在、プロモーションを準備しているところです。
インターネットカフェプレイヤーや個人ユーザーにも満足してもらえるようなイベントもたくさん用意しています。
規模は、少なくとも今まで以上となるでしょう。

ただ、まだはっきりと結論は下されていないので、イベントやプロモーションの形態や方法については詳しくお話することはできないことをご了承お願いします。
一つだけ申し上げると、今回はプレイヤーだけではなく、インターネットカフェの事業主などにも利点があるように、と考えられているということをお伝えしておきましょう。


記者 : 最近の競争タイトル達はとても良質なグラフィックとエンジンを使用していますが、そのようなアップグレードの計画はサドンアタックにはないのでしょうか?
また、そのようなアップグレードがある場合は、新たなキャッシュアイテムも登場するのでしょうか?

ゲームハイ : ゲームハイ内部では、半ば冗談でとても高レベルのグラフィックにサドンアタックと同じゲーム性を持ったゲームが登場した場合、危険ではないだろうかという噂も出ています。
そして、現在のサドンアタックをそのままに、エンジンだけを交換してアップグレードすることを考えてみたこともあります。

今、ゲームハイでは、最適化されたコンテンツと現在のプレイヤー達の満足度をそのまま維持しながら、内部的なものをアップグレードしようかどうか、と真剣に悩んでいます。
一応、先ほど申し上げた通り様々なコンテンツのアップデートが予定されていますので、もう少し詳細な部分に関しましては来年に決定を下すことが出来ると思います。

キャッシュアイテムについては、無理に実装するつもりはありません。
現在のヴァンパイアモードで使用できるキャッシュアイテムがその例で、今までのゲーム性を損なうようなことはしません。

情報元


inven - [취재] 서든어택, 내년 3월까지 대반전 업데이트로 FPS 선두 지킨다!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL
本文
パスワード
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
ひとこと

チャンピオンズリーグ開催!

何かありましたらこちらから

カテゴリ
スポンサードリンク

SteelSeries

大会試合一覧
最新コメント

RSS

 | HOME | 
Copyright © 2009-2010 韓国サドンアタック情報ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。