上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
gsGA4d9d195dedf1ap1n1-s.jpg

5月初めに韓国サドンアタックにてアップデートされた認識票パッチを発端とした、CJ E&MとGameHiによる一連の事件の詳細です。

発端

まず、今回の事件の発端となったのは、韓国サドンアタックにて5月3日にアップデートされた、認識表システムです。

5月26日、CJ E&Mは、この認識表システムについて 「*1 ゲーム委員会より是正判断の通知を受けた」 と発表。
そして事態を重く見たCJ E&Mはこの事件により、ゲームハイの運営者権限を遮断しました。

*1 本来、法律により韓国国内ではオンラインゲームをアップデートする際には、細かなバグの修正などを除いてゲーム委員会の審査を受けることになっています。(韓国内ではオンラインゲームの利用に年齢制限などがあり、アップデートではゲームそのものが改変される可能性があるため)

ゲームハイによる抗議

それに対してゲームハイが認識表システムと、今回のCJ E&Mによる運営者権限の遮断に対しての抗議文を発表します。

反論文内容

CJ E&Mの立場に対し、ゲームハイは反論します。

サドンアタックの認識表システムアップデートに関しては確かに5月3日に実施しましたが、当時、ユーザーの便利性向上のための単純なUIの変更と判断し、ゲーム委員会に審査申告は行いませんでした。
ですが23日、ゲーム委員会のモニタリングチームが今回の認識表システムについての審査を行うとの通知を受け、その後27日に、審査申請は必要無かったという判断を受けています。

アップデートが審査申請基準に対して曖昧な場合、ゲーム委員会モニタリングチームが確認後、判断の通知を行うということになっていますが、例え「問題有り」という判断を受けた場合でも、審査申請遅延による遅延金処分を受けるのが一般的であり、ましてや「問題無し」という判断が下されたものに、CJ E&Mが運営者権限を遮断するというような権限はありません。
これはゲーム委員会がCJ E&Mに送った審査申請監督強化公文書を、CJ E&Mが間違った解釈をし、意図的にゲームハイによるアップデートを不可能にし、ユーザーの方々の権利を侵害しているものとゲームハイは考えます。

現在既に、5月30日に予定されていた機能改善とバグ修正パッチを実施することが出来ず、ユーザーの方々に不便を強いるような状態となっております。
また、当社とCJ E&Mの契約書においても記載されているゲームハイの運営権限というものを一方的に遮断し、ユーザーの方々の対応が全く出来なくなっている点に対しても、CJ E&Mは責任を負わなければならないでしょう。

私どもゲームハイは、現在CJ E&Mがパブリッシャーという地位を利用した一方的な措置により、その影響がそっくりそのままユーザーの方々に降りかかっているという点に対して、耐えることが出来ません。

CJ E&Mは自ら、オンラインゲーム部門において、サドンアタックの売上が相当を占めていると発言しています。
しかしゲームハイにとっても全体の売上を80%占めるサドンアタックは、命とも呼べるゲームです。

ユーザーの方々にお尋ねします。
果たしてサドンアタックユーザーの方々、一人一人を大切に考えている会社がゲームハイなのか、CJ E&Mなのか。

CJ E&Mは現在、サドンアタックの他に5タイトル新たなFPSゲームを契約しており、その中の一つ(SoF)は既にサービスが行われ、年内には新たに1、2つのタイトルを追加でローンチすると発表しています。
CJ E&Mにてサドンアタックがサービスを中断したとしても、CJ E&Mはネットマーブルの会員数という強みを利用し、先程のようにFPSをローンチするだけでしょう。

しかし、サドンアタックのサービスが中断されてしまった場合、サドンアタックのユーザーの方々が被害を被るのは明確です。


これと合わせて、認識表システムで一般的な個人情報を確認することは不可能であり、ゲームハイはユーザーの方々の個人情報を収集しておりません。
また、これと関連した他の点につきましても、不必要だと判断し省略させていただきます。

CJ E&Mの反論文

CJ E&Mはその後、ゲームハイの抗議に対して反論文を発表します。

反論文内容(纏め)

1 : ネクソン社がCJ E&Mに去年12月提示した契約内容は、最高90%をゲームハイが利益とするチャネリング方式であり、固定した収益配分の契約内容ではなかった。

2 : ゲームハイの運営権限遮断については、ゲーム委員会からパッチの是正命令を受けたにも関わらず、ゲームハイが修正作業を行わなかったためで、プレイヤーの方々の個人情報保護のためである。

3 : 私達は再契約を望んでいるが、再契約が成立せずとも、データーベースは移転する。
しかし、データーベースの移転作業のためには6ヶ月の延長が必要であり、CJ E&Mとしても、過去7年間のようにサドンアタックをサービスしたい。
だから、再契約交渉に最善を尽くして臨む。

CJ E&M ナム・グンフン代表による発表

5月30日、CJ E&Mの代表であるナム・グンフン氏が、韓国サドンアタック公式サイト上にて再契約に関する声明を発表しました。

声明内容

サドンアタックプレイヤーの皆さん、こんにちは。
韓国ネットマーブル代表のナム・グンフンです。

いつも、ネットマーブル及びサドンアタックを利用して下さり、誠にありがとうございます。

既にご存知かと思いますが、サドンアタックはゲームハイ社(現在ネクソン社傘下)が開発し、私どものネットマーブルが7年余りの間、サービスをして参りました。

そして今年の7月、その開発会社であるゲームハイ社とネットマーブルは再契約を控えており、現在、交渉を進めている途中であります。

私どもネットマーブルは、サドンアタックが現在のようにプレイヤーの皆様からの熱い気持ちを受け、ずっとサービスが出来るよう、最善を尽くしてゲームハイと交渉を進めております。

私どもは、サドンアタックがネットマーブルを離れ他の運営会社によりサービスされるようになることで、プレイヤーの皆様に不自由な思いをさせてしまう事があってはならないと、韓国国内最高の条件のもとで、ゲームハイ社に契約延長を提示させて頂いたことがあります。

収益配分率を、ゲームハイ社の比率を大きく上げて 7:3 (ゲームハイ社:ネットマーブル) という値で提案したり、再契約金額におきましても、オンラインゲーム業界最高規模の *150億ウォンという金額を策定しました。(2011年5月31日現在、日本円にして、約11億3300万円)

また、ネットマーブルのみでのサービスに拘ることなく、ゲームハイ社の親会社であるネクソン社も含めて、他の会社もサドンアタックのサービスが出来るような、共同パブリッシングを提案させて頂いたこともあります。

このように、私どもとしてはプレイヤーの方々の混乱を防ぐため、運営会社として出来る、最善の交渉を進めております。

一日でも早く、良い結果で契約が延長されるのを期待して、ゲームハイ社とネクソン社からの肯定的な返事を待っている状况です。


サドンアタックプレイヤーの皆さん!

サドンアタックの真のマスターは、1800万というプレイヤーの皆さん一人一人であります。

私どもはこの事を胸に深く刻んで、利便性を最も優先し、最善の結果を得られるよう努力して参ります。


2011年5月30日

ネットマーブル代表 ナム・グンフン

ゲームハイによる公式立場表明

そしてその翌日31日、ゲームハイ社がナム・グンフン氏の声明について、公式立場を表明しました。

公式立場表明内容

1 : CJ E&M側の行動に対して、遺憾と憂慮を表します。

ゲームハイとCJ E&Mは現在、サドンアタックのサービスに関する交渉を行なっております。
このような状况の中、様々な利害関係者などに誤解を呼び起こすような内容をCJ E&Mが一方的に発表したことに対して、遺憾と憂慮を表します。
ゲームハイが交渉に臨むにあたって最も重要だと考えるのは、ユーザーの方々がサドンアタックを不便無くプレイ出来るということです。

2 : CJ E&Mの行動は、ユーザーや株主など、様々な利害関係者に混乱を招いています。
CJ E&Mは複数のメディアを通じて、交渉の決裂を想定していながらも、ゲームデータベースを渡すことは出来ないという立場を明らかにしています。
しかし、既存のパブリッシング契約書には「お客様の個人情報の使用許諾契約」に限り、CJ E&Mのアクセス許可を明示しているだけです。
ゲームハイは、ユーザーの皆様がゲームを通して積み上げたお客様自身のデータは、そのユーザーの皆様に属するものだと考えています。

ゲームハイとCJ E&Mは、両社ともに上場している企業であり、株式が公開されている上場企業として、今回のCJ E&Mの行動には責任ある企業の姿というものを見ることが出来ません。
ゲームハイとの話し合い無しに一方的な声明を発表することで、混乱を引き起こし、これによりユーザーがサドンアタックを信頼出来ないようにする意図があるとしか受け取れないのです。

3 : ゲーム内で築かれた戦績情報などのゲームのデータベースは、ユーザーの方々のものです。

ゲームハイは、ゲームを利用するユーザーの皆さんに対して、いかなる「お客様の個人情報」もリクエストしたことはありません。
ただ、ユーザーの皆様がゲームをプレイして積み上げたキャラクターに関する情報につきましては、ユーザーの皆様のことなので、これを不便なくユーザーの皆様が使用出来るようにしてくれ、とCJ E&Mに要請したことはあります。
キャラクターの情報は、個人情報とは無関係です。

4 : ゲームハイは、CJ E&Mと契約で合意した期間まで、誠実な態度で交渉に臨みます。
ゲームハイは、ユーザーの皆様とサドンアタックのために、最良の選択をしたいと考えております。
そのために。今この瞬間も、ゲームハイはユーザーの皆様に被害が出ないようCJ E&Mの態度に我慢しつつ交渉に取り組んでいますが、CJ E&Mは交渉が継続されている今でも、ユーザーの皆様の正常なプレイを妨害するような、様々な行為を行っています。

ゲームハイはCJ E&Mに、これ以上世論とユーザーに嘘を付くことを止めて、両社が合意した契約終了までの交渉期間の間、サドンアタック及びユーザーの皆様のために、真摯な態度で交渉に臨むことを要請します。

ゲームハイ キム・チョンジュン代表による公式的な反論声明

そして翌日の6月1日、ゲームハイの代表であるキム・チョンジュン氏が、代表としての公式的な反論声明を報道メディア各社で一斉発表しました。

公式反論声明内容

CJ E&Mは真実を塗り隠さないで下さい。

呆気に取られ、信じられませんでした。
会社の名前を使用してまで、このような嘘を平気でつくというCJ E&Mが信じられません。

CJ E&Mが「150億ウォンの契約金に、収益配分率を7:3とする提案をしたが拒否された」と発表したこの契約内容は、昨年末ゲームハイが提案した条件です。
そしてこの条件を断ったのはCJ E&Mであり、今日、堂々と「この条件はCJ E&Mが提示し、ゲームハイがこれを断った」という主張をどうして出来るのか、信じることが出来ませんでした。

しかし、それでも私どもゲームハイは両社が交渉中だという状况を考慮し「今反論することは正しくない」と判断し、沈黙を守り続けてきました。
泥沼の舌戦になることは両社にとっても得にならず、それだけではなく今後の交渉にも影響を及ぼし、サドンアタックの円滑なサービスが混乱になると考えたためです。

外部にどのように伝えられ、これによりゲームハイがどのような非難を受けたとしても、可能な限り円滑なサービスのための交渉を完了させることが最も重要だと判断しました。
私どもが望むのは、ゲームハイの命とも言えるサドンアタックがこのままサービスを行い、ユーザーの皆様がゲームを末永く楽しむことが出来るようにという、ただ一点にあります。

しかし最終的にCJ E&Mがこの様に真実を塗り隠し、交渉にも不誠実な態度を見せるならば、私達もこれ以上沈黙することは出来ないという判断を下しました。

CJ E&Mにはサドンアタックの円滑なサービスを行うという姿勢や、再契約に対して誠実に望む態度が全く見ること出来ず、単に、会社と一部の経営陣が安全と危機回避のために真実を歪曲し、この結果、ユーザーの皆様が被害を被るという状况に陥ったのです。

CJ E&Mは直ちにこのような行為を中止し、偽りの主張を広げて混乱を及ぼした点に対してユーザーの方々と利害関係者の皆さんに即刻謝罪して下さい。

CJ E&Mは直ちにこのような行為を中止し、嘘を付き、混乱を引き起こしたことに対して、ユーザーの方々や関係者の方々に即刻謝罪してください。
CJ E&Mが今まで積み重ねた企業イメージで、恥じることのない堂々とした意思があるならば、我々はそうなさると信じて疑いません。

もしそうではない場合、大企業のある系列会社として、また上場企業として、とうてい納得できない偽りの主張を広げたことに対して、私どもゲームハイは法的な対応まで講じる所存であることを明らかにするところです。

また、もしそうなさらない場合、CJグループという大企業の系列会社として、また一上場企業として、嘘を広げたことに対して私どもゲームハイは、法的な処置を講じる所存であります。

ゲームハイはユーザーの皆様のゲームデータベースを守ります。

『サドンアタック』は、ゲームハイの全てと同じです。誰よりも『サドンアタック』が円滑にサービスされるように苦悩しています。その為CJ E&Mの破廉恥な世論操作行為にもかかわらず交渉が続くようにするために全力を傾けました。

サドンアタックはゲームハイの全てであり、ゲームハイは誰よりも、サドンアタックが円滑なサービスが行われるように日々精進しています。
その理由から、CJ E&Mの考えられないような世論操作にも、交渉が継続されるように、全力を注いできました。

しかし一方では、CJ E&Mに対する不安感を取り払うことが出来ませんでした。
果たしてCJ E&Mが、心よりサドンアタックの持続的なサービスを望んでいるのか疑いたくなるような事が度々あったためです。

5つものFPSを契約し、ローンチ、*2 サドンアタックのログインページからそのローンチされたFPSのページへとリンクされ、「サドンアタックのユーザー」を誘導しようとする意図的なイベントが実施されるなど、ゲームハイの命とも言えるサドンアタックは死んでしまうのではないかと、私たちは日々危機を感じていました。



*2 ゲームハイが各報道メディアに送信した、証拠となる動画。

さらにスペシャルフォース2のクローズドベータが行われた際には、サドンアタックのページでログインをするとスペシャルフォース2のテスターに当選したというサドンアタックの内容が一切無いページが表示され、ユーザーの方々を困惑させるなど、ゲームハイはCJ E&Mがパブリッシャーという地位を利用し、サドンアタックの競争相手ともなるFPSタイトルを生かし、サドンアタックを殺すという行為をこのまま続けるのではないかという不信感を持つようになりました。

それだけではありません。
CJ E&Mは交渉の過程で、ゲームハイに圧力を掛けるために「ゲームハイがサドンアタックに不正なパッチをCJ E&Mに対して事前通告無しで実施しました。ご存知の通り、サドンアタックの運営は今まで一度もCJ E&Mは行っておらず、ゲームハイが直接運営をしていました。それにつきましては、契約書にも記載されています」

しかし実際、CJ E&Mはゲームハイの運営スタッフがネットマーブルプラスゾーンネットカフェに接続できないようにIPを遮断し、現在ネットカフェサービスは正常なのかすら把握することが出来ない状况です。
また、ゲームハイの運営者権限を一方的に遮断し、公式サイトでの告知さえ出来ない状况であるだけに、ユーザーの方々の不便も日に日に増していますが、CJ E&Mはこれに一切関与しないという立場をとっています。

その上、CJ E&MはサーバーVPN接続権限及びパッチ権限を一方的に遮断、ゲーム内で問題が発生してもゲームハイはサーバー修正やクライアントのアップデートが実施出来ず、万が一の事態が発生した場合、ユーザーの方々に致命的な影響が発生する可能性があります。

更に5月31日に予定されていた定期メンテナンスを一方的に延期、ラダーシステムのデータ初期化とバグ修正、イベント補償などのパッチを実施出来ず、現時点で既に、ユーザーの方々は被害を被っている状况です。
とりわけ、ゲーム内で使用可能なハッキングツールが新たに発見されたとしても、開発陣である私どもは何の対応も出来ないために、更にサドンアタックユーザーの方々が被害を受けないか心配でたまりません。

特に、CJ E&Mがユーザーの方々のゲームデータベースを交渉のカードとして利用することに我々ゲームハイは最も懸念し、この対策を講じなければならないと結論を下しました。
最悪の場合に備えて考え抜いた挙句、私どもは「ユーザーによる自発的なゲームデーターベース移転システム」を考案しました。
最近議論となっている認識票システムがまさにそれです。
しかしユーザーの皆様がスクリーンショットを撮影し、認識表を追加しても、現在、いかなる情報もゲームハイには伝わってきておりません。

このシステムは自発的にキャラクター情報を移転、支援するためのシステムです。
もしCJ E&Mがユーザーの皆様が時間と労力を積み上げたゲームデーターベースを引き続き交渉の武器として悪意を持ち利用するのであれば、ユーザーの皆様のキャラクター情報が入ったスクリーンショットをユーザーの皆さんがゲームハイに提供していただいた場合、そのスクリーンショットの内容通りキャラクターを復旧して差し上げる予定であります。

もちろん、この認識表システム自体とても面白いコンテンツです。
既にアップデート以前からユーザーの皆様がスクリーンショット作成時、このシステムを使用しているという事実から見ても、コンテンツとしての効果は実証されているのです。
また、軍番号列インターフェースを活用した例は他のFPSゲームでもよく見ることが出来ます。


この場をお借りして、私どもゲームハイは今までいかなる事実も隠蔽したことなく、交渉に最善を尽くしてきたということをもう一度申し上げます。

また、この「史上初の事態」を招いた責任がCJ E&Mにあるという点をもう一度明確にし、私どもゲームハイは以下の事を、CJ E&Mに要求します。

1 : CJ E&Mは偽りの主張を直ちに撤回し、謝罪してください。
2 : CJ E&Mは恥さらしとも言える世論操作行為を直ちに中止して下さい。
3 : CJ E&Mはユーザーの方々が、サドンアタックを不便無く利用出来るよう、交渉に対して誠実な態度で臨んで下さい。


ありがとうございました。
ゲームハイ代表 キム・チョンジュン

ゲームハイがサドンアタックのサービス終了を宣言

そして6月7日、ゲームハイが、公式にCJ E&Mとのパブリッシング契約が終了したことを発表しました。
またその発表の中でゲームハイは、

1 : 契約が終了する7月10日以降はネクソン社を通じてサービスを行う予定。
2 : ネクソン社の全面的な支援の下、サドンアタックのサービスはゲームハイで続ける。
3 : サドンアタックの運用人材をニ倍以上に拡大編成する。
4 : 運営人材を増員する。
5 : サドンアタックチャンピオンリーグを開催する。
6 : 日中韓の三カ国による、スーパーリーグを開催する。
7 : チートに対する処罰を更に厳しくする。
8 : 夏休みに大規模アップデートを行う。

と、以上のことを公言しました。

ゲームハイのサービス終了宣言にCJ E&Mが交渉継続を発表

ゲームハイが7月10日にてCJ E&Mでのサービス終了宣言をしたその後、CJ E&Mが「サービス終了まで諦めずに交渉を行っていく」と発表しました。

ゲームハイの終了宣言に対するCJ E&Mの発表

こんにちは、ネットマーブル サドンアタックのユーザーの皆様。

近頃サドンアタックの再契約に関して、ネクソン、ゲームハイとの交渉にて、ユーザーの方々に混乱を招いたことを私どもは非常に申し訳なく感じております。
また、これに関して、以下の通りお知らせいたします。

まず第一に、ユーザーの皆様が最も快適にサドンアタックを利用するためには、ネットマーブルでのサービス継続が必要だと考えております。
そのために、ネットマーブルでのサドンアタックサービスが終了する7月10日まで、CJ E&Mは最善を尽くして、ゲームハイと交渉を継続させていただきます。

第二に、これらの再契約交渉にも関わらずネットマーブルでのサドンアタックサービスが終了する場合、ユーザーの皆様の大切なゲームデータは、サドンアタックのサービス終了後から個人情報保護の関連規定に基づいて、ユーザーの皆様に提供することをお約束いたします。
詳細につきましては、後日お知らせいたします。

第三に、ユーザーの皆様がゲーム内のスクリーンショットを公開することは非常に危険です。
個人情報の流出やアカウント情報の盗難、ハッキングなどの危険性を勘案して、出来る限りおやめいただくようお願い申し上げます。


私達ネットマーブルは、今後も円滑なサービスを提供するために最善を尽くします。
ありがとうございました。

2011年6月7日ネットマーブル社員一同

ゲームハイが「迅速に移動せよ!」キャンペーンを実施

6月8日、ここでゲームハイは強硬手段「迅速に移動せよ!」キャンペーンを開始しました。
このキャンペーンは、現在のキャラクターのスクリーンショットを撮影し、それをネクソン社が作成した特別サイトにてアップロードすると、そのキャラクターがそのままネクソン社に移管した後でも利用可能になるというものです。

このキャンペーンでゲームハイは、イベント参加ユーザー全員にネクソンでサービスが始まる7月11日を記念し、71100ウォン分のキャッシュを支給することを発表。
また、AppleのiMacやiPadなども景品として用意されるという、過去に類を見ないキャンペーンに。

これにゲームハイのキム・チョンジュン代表は「サドンアタックの新たなサービスが始まる7月11日までにネットマーブルがユーザーの方々のゲームデータベースを提供してくれると期待しているが、万が一に備えて、ユーザーの方々が今まで通りサドンアタックを楽しめるように、本キャンペーンを実施することに決定した」
「これからもサドンアタックに多くの関心をユーザーの皆様にお願いして、これからのゲームプレイに支障が出ないよう、ゲームハイは最善の努力を尽くす」とコメントしました。

キャンペーンにCJ E&Mが警告文を公式サイトに掲載

CJ E&Mはキャンペーンが開始された同日8日と翌日9日の、公式サイトにてネクソン社が提供しているスクリーンショット撮影プログラム、SA - Tool.exe に対しての警告文を掲載しました。

キャンペーンに対する警告文(9日)

こんにちは、ネットマーブルです。

SA - Toolを利用して個人情報を保存する方法について、個人情報の流出やハッキングされる危険性が高いということを、先日(8日の警告文のこと)ご案内させていただきました。

私達ネットマーブルは、サドンアタックが7月10日にサービス終了する場合は、関連規定に基づいてユーザーの皆様にデーターベースをご提供することを、もう一度お約束いたします。

現在、インターネット上にて公開されているSA - Tool.exeを利用してスクリーンショットを保存する行為は、個人情報の流出やハッキングされる危険性が高いため、このソフトウェアを利用しないでください。

SA - Tool.exeのようにネットマーブルの個人情報保護プロセスでは承認されていない不正プログラムを使用すると、顧客情報の盗用やハッキングの危険性があり、サドンアタックが正常に起動出来ないこともあります。

ただし、このような不正プログラムを使用されない場合につきましては、普段と変わらないサドンアタックをプレイ出来ることを、今一度、お知らせいたします。

皆様の個人情報の程に責任あるサービス、責務を果たすための措置にご理解とご協力をお願い致します。


私達のネットマーブルは、今後も円滑にサドンアタックのサービスを提供するため、最善を尽くします。
ありがとうございました。

2011年6月8日ネットマーブル社員一同

最後に

これらのゲームハイ(ネクソン)とCJ E&Mによる争いから見るに、CJ E&Mによるサドンアタックの再契約は不可能と言えます。
ですが現在、ソルジャーオブフォーチューンや、スペシャルフォース2を契約している事に加えて、世論でもCJ E&Mには分があります。

しかし現状、ユーザー達はこの一連の事件に疲弊しきっており、いち早い解決、その一点を望んでいるというのが本音です。
また、この両社の言い争いの裏にはどうしてもビジネスという面が見え隠れしているのも事実です。


これから先サドンアタックがどうなっていくのか、ユーザーだけではなく、オンラインゲーム業界全体が注目しています。

事件の時系列纏め

5月3日
ゲームハイが認識表システムをアップデート。
このアップデートについて、ゲームハイはCJ E&M及びゲーム委員会に通知していない。

5月23日(?)
ゲーム委員会のモニタリングチームが、認識表システムについて審査を行うという通知をゲームハイに行う。

5月26日(?)
ゲーム委員会より認識表パッチについて是正判断がCJ E&Mに下され、CJ E&Mは個人情報保護のため、ゲームハイの運営者権限を遮断。

5月27日(?)
ゲームハイは23日の審査の結果、是正は必要ないということを確認。

5月27日~29日
ゲームハイが認識表システムと運営者権限遮断について抗議文を出し、CJ E&Mもそれに対しての反論文を発表。

5月30日
CJ E&M ナム・グンフン代表が韓国サドンアタック公式サイト上に声明文を掲載する。

5月31日
ゲームハイが30日に発表されたCJ E&Mの声明文に対して抗議、データベースをカードに再契約を交渉しているCJ E&Mを批判。
また、是正判断を受けた場合でも、申告遅延による遅延金処分が本来の制裁であり、CJ E&Mに運営者権限を遮断する権利は一切無く、利用者達の権利を害しているのはCJ E&Mだと批判。

6月1日
ゲームハイ キム・チョンジュン代表による30日のCJ E&Mナム・グンフン氏の声明に対しての公式的な反論が、各報道メディアにて一斉掲載される。

6月7日
ゲームハイがこの日、CJ E&Mによるサドンアタックのサービスが予定通り7月10日に終了すると発表。
また、サドンアタックの新たな契約先についてはネクソン社を検討中だとも発表。

同日CJ E&Mが、このゲームハイの発表に対して「再契約に最後まで尽力する」と公式サイトにて声明。

6月8日
ゲームハイは公式サイトにて、8日の午後7時11分からイベント「サドンアタック 迅速に移動せよ!」を開催すると発表。

CJ E&Mが一度目の警告文を公式サイトに掲載。

6月9日
CJ E&Mがニ度目の警告文を公式サイトに掲載。


* (?)に関しては、両社の意見が食い違っている部分。

情報元

韓国サドンアタック公式サイト - 넷마블 대표 남궁훈입니다.

inven - [뉴스] 서든어택 재계약? 넷마블 입장 밝혀

inven - 서든어택 논란, 게임하이의 입장은?

inven - 서든어택 진실공방 "거짓말은 누가?

inven - 서든어택 계약종료, 넥슨이 서비스

韓国サドンアタック公式サイト - [안내] 서든어택 고객 여러분께

韓国サドンアタック公式サイト - [안내] 스크린샷 이용 제한에 관한 공지

韓国サドンアタック公式サイト - 비정상프로그램(SA_tool.exe) 사용제한 조치안내

inven - [해설] 서든어택 분쟁의 이면, CJ 와 게임하이의 속내?


コメント
この記事へのコメント
まじかよ
2011/06/12(日) 23:14 | URL | S1..名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL
本文
パスワード
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
ひとこと

チャンピオンズリーグ開催!

何かありましたらこちらから

カテゴリ
スポンサードリンク

SteelSeries

大会試合一覧
最新コメント

RSS

 | HOME | 
Copyright © 2009-2010 韓国サドンアタック情報ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。