上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1948383290_94a143c4_1.jpg

SuddenAttack SuperLeague Season2 準決勝2日目のWeekly M.V.Pに選ばれた、alive.L のチョ・ヨンジュン選手へのインタビューです
FPSkorea:先に、決勝進出おめでとうございます。
前回に続き2連続でWeekly M.V.Pに選ばれましたが、どんな気持ちですか?
alive.L チョ・ヨンジュン:今回も前回と同じように、AIMが良かったおかげで良い結果が出たのだと思います。
前回のSuperLeagueではスランプだったことです。
大会の会場に行きたくないほどでしたから、どれだけ大変だったか分かってもらえると思います。

FPSkorea:試合を見ると、2週間たくさん練習したようですが?
alive.L チョ・ヨンジュン:オールドタウンでの練習は2~3回程度しかできませんでした。
理由は分かるようにチームがありませんでしたから。
主な練習はチーム練習でしたので。

FPSkorea:チーム練習はどんな方法で行われますか?
alive.L チョ・ヨンジュン:攻撃陣営と守備陣営に2、3人で分けて、守備陣営が攻撃を防ぐ練習を主にします。
第三補給倉庫は練習しませんでした。
既に完璧だと考えたためです。

1948383290_ba0f67d1_2.jpg

FPSkorea:1試合目の勝利の後、2試合目のオールドタウンでの試合は少し危険でしたか?
alive.L チョ・ヨンジュン:事実、オールドタウンで勝負を決めるつもりでした。
マップが発表されて自分は自信がありましたが、あまり経験がないチームメンバー達がいてチームとしては若干不安でした。
チーム全体的に見た時は自信がありませんでしたし、練習量も少ないマップであることは事実でした。
だが三戦目のマップが第三補給倉庫ということが決定されたとき、不安は消えました。
全てのラウンドを防げるだろうという確信があったからです。

FPSkorea:各マップの特別なポイントは何でしたか?
alive.L チョ・ヨンジュン:ドラゴンロードはポジションを前進させ、機先制圧でラウンドを一つ一つ展開していく計画でした。
ドラゴンロードは上手に試合を進めることができたと思います。
次の試合のオールドタウンですが、思いのままにはなりませんでした。
序盤に3ラウンドを取られたせいで、解決方法を見つけることはできませんでした。
最初のラウンドを取ることができず、序盤は非常に大変でした。
それを見てポジションプレイを前面に押し出したところ、それが効果的で引分けまで持っていくことができたのだと思います。
最後のマップの第三補給倉庫は、初めてチーム練習をする時最も自信がなかったマップでした。
けれども今はメンバーらの個人スキルが全体的に向上し、自信があるマップになりました。
だから、これといったポイントで勝利したのではないと思います。

FPSkorea:今回の試合で危険だった瞬間があったとすればいつですか?
alive.L チョ・ヨンジュン:やはり、ドラゴンロードで守備をやり遂げた瞬間だと思います。
2ラウンド防げなければ負けると思いましたから。

FPSkorea:決勝戦の相手が帝王 e.sports-united ですが、自信はありますか?
alive.L チョ・ヨンジュン::私の記憶では、帝王 e.sports-united は4強に進出した際、殆ど優勝しているチームです。
だがそんな e.sports-united が4強で敗れたことがあります。
以前CGMの大会で、私が所属していた Ksp-Gaming との試合で敗れていました。
その時の記憶を蘇らせます。

FPSkorea: e.sports-united のパン・ミンヒョクが、alive.L に勝ち上がってきてほしいとコメントしたことがあります。
どう思いますか?
alive.L チョ・ヨンジュン:もちろん歓迎します。
私もやはり e.sports-united との対戦を望みましたから。
帝王に勝つ以上に、今回の大会でやりがいがあることはないでしょう。

FPSkorea:決勝戦は3戦2先勝、14ラウンドで進行すると発表されました。
決勝戦の予想をお願いします。
alive.L チョ・ヨンジュン:第三補給倉庫には自信があります。
準決勝で使った守備も強く、考え準備した攻撃戦略がありましたが、使わずに温存しておいてむしろ得になりました。
オールドタウンは e.sports-united の方が経験が多く、オールドタウンの練習には多くの時間を使ってまい進しなければならないと思います。

FPSkorea:オールドタウンというマップは、特性上練習相手を求めるのも作戦面において難しいところがあると思うのですが、どのような方法で練習をするつもりですか?
alive.L チョ・ヨンジュン:クラン戦や、親密なチームとの間で練習するしか方法はないと思います。

FPSkorea:最後に、決勝に臨む覚悟をお願いします。
alive.L チョ・ヨンジュン: alive.L は名前だけ前回のSuperLeagueと同じなだけであって、中身は新生チームと何ら変わりありません。
ですが、どんなチームよりもチームプレイにおいては強いと思います。
公式大会で初めて決勝に進出すると思うと、心が一新されたような気分になります。
決勝戦でも良い姿を見せて、必ず優勝します。


情報元
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL
本文
パスワード
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
ひとこと

チャンピオンズリーグ開催!

何かありましたらこちらから

カテゴリ
スポンサードリンク

SteelSeries

大会試合一覧
最新コメント

RSS

 | HOME | 
Copyright © 2009-2010 韓国サドンアタック情報ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。