上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1948383290_86d4c28b_3.jpg

SuddenAttackに留まらず、スペシャルフォースやCounterStrike1.6などのFPSでも解説員を担当している、FPS専門解説員 オン・サンミンのFPSkorea独占インタビューの上編です

上編
中編
下編
FPSkorea:あまりにも有名ですが、本人の紹介を手短に、濃くお願いします。
オン・サンミン:ソウルで1男2女の長男として生まれ、テンジャンチゲとポテトが好きな妻帯者、オン・サンミンです。


FPSkorea:FPSkoreaの会員たちに質問を募集してみたところ相当な応募がありました。
期待していた以上の反応の大きさでしたか?
それとも期待していたほどではありませんでしたか?
オン・サンミン:期待以上の反応でした。
その大部分が、サドンアタックユーザーによるものだと思います。
私のミニホームページの訪問者が一日平均10人程度なのですが、サドンアタックの放送がある日は訪問者数が200人近いです。

すべての種目を同じように考えるのですが、唯一、サドンアタックユーザーたちが反応してくれてありがたいです。
ソン・スンホン キャスターのおかげでこうなったのだと思います。
コメント一つ一つがよく理解でき、それが良いコメントに見えるからだとも思います。


FPSkorea:FPSの専門解説者になったきっかけはなんですか?
オン・サンミン:FPSkoreaの、キム・ドンヒョク代表のような世代のプロゲーマーですね。
Ongamenetのサドンアタックリーグを主管、代行しているPlayXPのキム・ソリョン代表も同じです。
元は天下無敵野球団プロダクションにいらっしゃった方なのに、その当時はMTVのPDをしておられました。

今ではありませんが、MTVにいる当時はOngamenet担当でした。
その時、同じネットカフェ(クランベース)に遊びにくる他のPDの方が提案をくれたのです。
事実上、FPSゲーマーとして最後の大会であったCSの大会でベストプレーヤーになったことが、きっかけになったのだと思います。
"CSリーグの解説を一度してみない?"という提案をいただき、イ・ハクピョンPDを紹介していただきました。


FPSkorea:解説を面白くしていると定評がありますが、初めはそうではなかったと思います。
いつ頃から、今のスタイルができたのですか?
その変化にきっかけがあるならばお願いします。
オン・サンミン:当然、初めは今のようなスタイルじゃありませんでした。
解説者になって最初の年、CSリーグのチョン・イルフン キャスターがあくまで普通に解説することに固執したので、自然と冗談を言うようにはなりませんでした。
特別なきっかけは無かったし、おそらく自分の普段というものが少しずつ解説に現われてきたのだと思います。

私は普段、冗談を言い、笑って楽しむのが好きですから。
それでも、今でも一緒に中継する人によって変わることはありますね。


FPSkorea:解説員をする前に、FPSゲーマーとして活動していたことはすでに有名ですが、その他にFPSゲーマーとして活動していた時代にやったことはありますか?
オン・サンミン:軍隊を除隊して、ゲームセンターでアルバイトしていたことぐらいでしょうか。


FPSkorea:解説以前にもゲームが好きということですか?
オン・サンミン:全くそうじゃありません。
ゲームは軍隊に行く前でも除隊後でも、本当に嫌いでした。
偶然に仕事をすることになったゲームセンターでもゲームをしませんでしたから。


FPSkorea:それなら、ゲームをするようになったきっかけがあったのではないですか?
オン・サンミン:25才の時コンピュータを習うことになり、より簡単にネット上で接するため、ゲームをすることになったんです。
その時レインボーシックス:ローグスピアというゲームを知り、その後市場が侵食されて自然にカウンターストライクへ移ることになったんです。


情報元
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL
本文
パスワード
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
ひとこと

チャンピオンズリーグ開催!

何かありましたらこちらから

カテゴリ
スポンサードリンク

SteelSeries

大会試合一覧
最新コメント

RSS

 | HOME | 
Copyright © 2009-2010 韓国サドンアタック情報ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。